【就活生必見】ありのままの自分で選考通過!ES・面接で心掛けるべきこと

エトセトラ

こんにちは!

企業の選考に登場するエントリーシート(以下、ES)や面接で必ずといっていいほど聞かれること。
それは、「自己PR」と「ガクチカ(=学生時代に力を入れたこと)」ですね。

これらの内容を考えるとき、

  • 嘘をつかないと、インパクトのある話にならない!」
  • 「話せるガクチカがない。そもそも自分のエピソードはガクチカといえるのか?」
  • 「就活始めたてだから、何をしたらいいかわからないよ!」

と、思ってしまう方、いらっしゃいませんか?

実は、自分が持っているエピソードをありのまま話しても、選考を突破することは可能なんです!
本記事では、嘘なしで、ありのままの自分を伝えるために必要な「とあること」について解説します。

1 企業が自己PRとガクチカを聞きたがる理由

ここで「なぜ人事は自己PRやガクチカを聞くのか」についてお話したいと思います。

企業が自己PRを聞くことで知りたい情報は、

「この学生はウチに入ってくれたら何ができるのかな?」

「この学生の性格とウチの会社の性格、合ってるのかな?」

といった内容です。

入社後にどんな働きをしてくれるのか、企業のカルチャー・社風と合っているのか。

これらを知るために、自分の強みを伝える「自己PR」は存在しているのです。

そして、ガクチカは、自己PRの内容の例え話

「学生の強みがどういう場面で活かされたのか。」

「その時に学生自身はどんな行動をとり、何を思ったのか。」

これらの事柄を、実際のエピソードから知ろうとしているのです。

企業が本当に求めているのは、学生であるあなた自身がとった行動や考えたことの内容。そして、「あなた自身」のこと。

したがって、エピソードがすごいかどうか・華々しいかそうでないかは、自己PR・ガクチカの良し悪しとほとんど関係ありません。

2 ありのままの自分を伝えるために必要なこと

ESも面接も、初対面の人(人事の方)にあなた自身を知ってもらうための手段です。
真のあなた自身を、あなたの言葉で伝えるために必要なことって、何だと思いますか?

そう、自己分析ですね。

文章の体裁や、話し方・声のトーンなど、その場で何とかできることはたくさんあります。
ですが、自分のことをどれだけ深く理解できるかは、時間をかけて自己分析を行うしか手段はありません。
ESや面接を突破できるか否かは、自己分析をどれだけ詳しく行えたかにかかっています。
では、それほどまでに詳しい自己分析の方法って、いったい何でしょうか。
就活を経験した先輩達にお話を伺ったところ、以下のような答えが返ってきました。

①他己分析をした

 →周りの人から「あなたってこんな人だよね」を教えてもらう方法。客観的な意見をもとに自己分析ができるので、自分だけで行った自己分析をより説得力のあるものにできます。

②就活サイトのメンターさんに手伝ってもらった

 →現在、多くの就活生支援サービスが存在しています。中には「メンター」と呼ばれる、就活のお悩み相談に乗ってくれたり、自己分析を手伝ってくれたりする方を利用できるサービスもあります。こうしたサービスを利用して、より詳しい自己分析をするというのも、1つの手です。

③自分を知るためのツールを使ってみた

 →有名なのは「ストレングス・ファインダー」と言われるもの。自分の持つ特性や強みを、質問の答えから抽出してくれます。ストレングス・ファインダーに限らず、その他の自己分析ツールを用いることでも、自己分析の説得力をあげることができます。

<ストレングスファインダーの公式サイトはコチラ>

3 さいごに

企業が知りたいことは、あなたがどんな人で、どんな強みがあるのかです。
エピソードの豪華さや数値的すごさではないのです。
そして、人間はみんなそれぞれに違った人生を歩んできています。あなたのエピソードはあなたしか持っていないのです。
ですから、ありのままのあなたを表現することで、他の学生との差別化にもつながります。

今日からさっそく、「自分を知る」ということに時間を割いてみましょう!

コメント

  1. camisas de futebol より:

    I really enjoyed reading this post, thank you! Fantastic job!